Top > 外壁塗装 > 外壁塗装にある種類

外壁塗装にある種類

外壁の塗料とは、顔料、添加剤、合成樹脂などが入っています。これらの3の成分を混ぜ合わせられているものが外壁塗装のための塗料として用いられているのです。顔料は色や艶を出してくれるようになっています。添加剤とは、塗膜を均等にする機能があります。ムラがあっては非常に見栄えが悪いことはよく理解しできることでしょう。合成樹脂は耐久性などに影響することになります。特にこれが大事であり、思いっきり耐久年数に関係してくるので選ぶ時には最も大きなポイントになることでしょう。種類としては4種類があります。アクリル合成樹脂、ウレタン合成樹脂、シリコン合成樹脂、フッ素合成樹脂であり、大体はこれに当てはまることになります。油性であるのか、水性であるのか、ということでわけることができます。このあたりをしっかりと意識して、上手く外壁塗装をするようにしたほうがよいでしょう。それこそが外壁塗装のコツであるといえることでしょう。

スマイルタイムの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?

外壁塗装

関連エントリー
外壁塗装にある種類